理事長挨拶

この度、公益社団法人日本眼科手術学会の理事長を拝命いたしました大木です。本学会は、平成23年2月に任意団体から一般社団法人へ移行し、さらにその活動の公益性と市民の皆様への貢献が評価され、平成26年1月から公益社団法人と認定されて活動するようになりました。

平成26年1月に法人運営として初めての学術総会を京都国際会館にて開催する運びとなりましたが、大盛況に終えることができ多くの有益な情報交換が行われました。プログラム委員会では既に来年度の学会準備が進んでおります。この流れを止めることなく、会員の皆様をはじめ関連学会、医療関係企業の皆さま方とも連携を強め、より良い学会へと発展させていきたいと思っております。

公益法人としては、社会性と透明で公正な法人運営が最も求められることと存じておりますので、そのことに緊張感を持ちながら職務に集中したいと考えております。 どうぞよろしくお願いいたします。

公益社団法人 日本眼科手術学会
理事長  大木孝太郎
dr_ohki.jpg